朝青龍、3日に出廷 大相撲の八百長疑惑裁判

ここでは、「朝青龍、3日に出廷 大相撲の八百長疑惑裁判」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 日本相撲協会と力士らが、八百長疑惑記事を掲載した週刊誌の発行元の講談社などに名誉棄損で損害賠償などを求めた民事訴訟で、横綱朝青龍が3日、原告として東京地裁に出廷し証言する。

 週刊誌は、朝青龍が対戦相手に金銭と引き換えに八百長を持ち掛けたとの記事を昨年1月から掲載。朝青龍は一連の報道を強く否定している。現役横綱の裁判への出廷は極めて異例。3日は記事を執筆した武田頼政氏と、被告側の証人として、かつて週刊誌上で八百長を告白した元小結の板井圭介氏も出廷する。

 相撲協会の武蔵川理事長(元横綱三重ノ海)は2日、「潔白であることを、しっかりと主張すればいい」と述べ、朝青龍の師匠である高砂親方(元大関朝潮)は「そういうこと(八百長)がないことを信じているから」と話した。

朝青龍、3日に出廷 大相撲の八百長疑惑裁判
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gsokusoku.blog94.fc2.com/tb.php/12-878158f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。